ダンボールの種類と材質

ダンボールシートの種類

ダンボールは、基本的に1枚の波のように成型された部分(フルート)を芯として、それを2枚の紙(ライナー)で挟んで作られます。このシートを用途によって使い分けながら、ダンボールが製造されます。

Aフルート
ダンボールのなかで、最も一般的に使用されている厚さ約5mmのダンボールシート。外装や比較的軽い内装品の包装に適し、大きな衝撃吸収性を発揮します。
Bフルート
ダ厚さ約3mmのダンボールシートです。比較的重く、硬い内容品の包装に適し、缶詰やビン詰め類の包装に多く使われます。
Wフルート
AフルートとBフルートを重ね合わせたダンボールシートです。厚さ約8mmで、重いものを梱包する場合などに多く使われます。
Eフルート
厚さ約1.5〜2mmのダンボールシートです。多く使用されるシートの中では薄いタイプです。化粧箱などによく使われます。

ダンボールシートの材質(ライナー)

ダンボール表面の紙の材質です。使用する紙の材質により強度が異なります。ダンボールの品質(強度)は、その厚さと紙質の組み合せで決まります。

強度
K7
K6より強度があります。精密機械を梱包する際に利用されます。
K6
K5より強度があります。ケースにした際、積み上げる必要があるときや、重量物を梱包する際に使用します。
K5
一般的な材質で、現在一番多く使用されています。
C6
以前は一番多く流通されていましたが、現在は軽量化が進みK5に移行。ほとんど流通していません。
C5
K5と同様、多く利用されていますが、強度は若干弱く、コスト的には安いです。内容物で強度を保てる紙類や軽量物を梱包する際には多く使われています。
D4
ダンボールケースには使用されない。仕切りや中敷などの緩衝材として使われます。